インターネット異性紹介事業の決まりとは

インターネットにおける異性紹介事業といえば、出会い系サイトになります。インターネット異性紹介事業を始める場合、いくつか定められた規定があり、法律があります。もちろん守らなければならないものであり、違反すれば刑罰の対象になる可能性があります。

■法令遵守

まず出会い系サイトは年齢確認を必ず実施しなければいけません。また利用者にサイトを利用させて、後追いで年齢確認をさせるのも禁止されています。また登録とサイトの閲覧までは年齢確認なしで行うことができますが、文章を送る行為は必ず年齢確認が必要になります。要するに出会いを求めるメールを送る行為から年齢確認が必要になります。年齢確認は出会い系サイトを運営するにあたり義務になっており、絶対に守らなければいけません。

■ここからわかる利用者

登録した時に与えられるポイント内でメールを送ることができるサイトも、年齢確認を履行したことにならないと定められています。そしてそのような出会い系サイトも意外に多いです。そのようなサイトで出会いを求めることにリスクが生じていることがわかるでしょう。年齢確認をしっかりと行わないような出会い系サイトは、やはり危険です。悪質なサイトであり、運営が正常化していないことがわかります。そのようなサイトは利用してはいけません。

■意外に多い違法なサイト

意外にこのようなサイトが多いのがわかります。特に利用してから後追いで年齢確認ができるサイトも多いですので、そのようなサイトは悪質な出会い系サイトと判断することができます。またそのようなサイトほど、サクラ会員が躍動しているのがよく目立ちます。優良で大手の出会い系サイトは、年齢確認をしっかりと行っています。そのようなサイトを利用するのは言うまでもありません。

法令遵守できないサイトを利用するのは、リスクしかありません。このようなサイトの姿勢から、使ってはいけない出会い系サイトの存在があることがわかるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ